コントラバス弓&ケース&松脂をご紹介致します!

楽器・機材

今回のテーマは『コントラバス弓&ケース&松脂をご紹介致します!』です。

弓関連のご紹介になります。
これから弓の購入を検討されていらっしゃる方、参考にしてみて下さい!

弓(Bow)


名称:杉藤 Contrabass 400G
タイプ:ジャーマン式
価格:40,000円(新品)
購入日:2011年11月

杉藤楽弓社という日本のメーカーによって作成された弓です。
40,000円という価格は、実は弓としてはかなり安い部類に入ります。

しかし決して粗悪な物では無く、先生からも入門者用として非常に良いパフォーマンスを発揮してくれるとの勧めもあり購入。

弓は馬の尻尾の毛を使っているのですが、コントラバスの場合は白以外にも黒を使用する方もおります。
(白と黒を混ぜたミックスという方も!)

私は始めに白を使用し、次に黒を試してみました。
個人的に引っ掛かりの強い黒の方が好みなので、今も黒を使用しています。
他の弦楽器では白以外使用しないようなので、ちょっと珍しがられるかもしれませんね(^^♪

ケース

名称:Kolstein 弓ケース ジャーマン用
価格:20,000円(新品)
購入日:2011年11月

保管用としてケースも一緒にAmazonで購入しました。
当時検討していたケースの中で一番安かったと記憶しております。
楽器代で大分散財しておりますので、少しでも節約です(^-^;
特に壊れる事も無く、長く使えております。

ちなみに2本収納出来るスペースがあります。

松脂

名称:POPS

これを弓の毛に付けないと音が出ません(^-^;
付ける事によって摩擦係数が大きく(引っ掛かりやすく)なって音が出る仕組みのようです。

これも非常に種類が多くAmazon等でも検索したら沢山出てきます。
なので先生からの勧めでPOPSという松脂を選択しました。

松脂の中でも弦の引っ掛かりが強い方なので、初心者にも扱いやすいとの事ですが夏場は凄く溶けます。
容器が傾いた状態で保管していると、開けた時に物凄い形に変形して…(^-^;
塗る時にちょっと苦労する事もありますが、これも慣れですね。

以上、弓関連の所有品をご紹介させて頂きました。
購入当時は全く何を買えば良いのか分からない状態で、殆ど先生の勧めによる選択でしたが今になっても全て使い続けられている物です。

プロのアドバイスに基づいておりますので、もしこれから購入される方は同じ物を使われても安心して使用出来るかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました