EUB購入時のポイントは?プロの方に聞きました!

楽器・機材

今回のテーマは『EUB購入時のポイントは?プロの方に聞きました!』です。

別の記事でエレクトリックアップライトベース(以下:EUB)を購入する話をご紹介致しました。
その中でホストベーシストの方から頂いたアドバイスを共有させて頂きたいと思います。

EUBに何を求めるのか?

インターネットで画像検索してみると、非常に多くの写真が出てくるかと思いますが、コントラバスが痩せたような形から、ただの棒にしか見えないものまで形が多種多様ですよね。

コントラバスと比較し、EUBは一定の型に嵌った形状があるわけでは無く、各メーカーによって独自の特徴を出しているようです。その分楽器の特徴を良く理解しないといけない点が、EUBの難しいところでしょうか(^^;)

私の場合はとにかく「コントラバスの代用」としてEUBを求めていましたので、音色は勿論の事、演奏性もコントラバスに可能な限り近い楽器が欲しく、この点を重視した楽器選びをしました。

コントラバスの代用とする場合

ネットでの口コミ以外にも情報を求めていたところ、丁度セッションホストの方がEUBに詳しく直接お話を伺う機会を得る事が出来ました。やはり生の声は心強い!

私の希望を聞いた上で、候補として挙がったのが「YAMAHA」でした。
YAMAHAは独自で収集した情報から、第1候補として検討していたところで、200,000円程度と予算的にも丁度良く、エントリーモデルとしても良いかなと印象でした。

実際に購入して弾いてみると、セッションのお店に置いてあったコントラバスと違和感の無い感覚に感動したのを覚えております。

ちなみに私のように「コントラバスの代用」として使用する場合は、少なくても以下2点には気を付けた方が良いと思います。

1点目は音色に関連する事項で、2点目は演奏性に関連する事項です。

「ホロウボディ」か「ソリッドボディ」か?

1点目は「ボディに空洞があるか無いか」の違いなので、ある程度外見からも判断する事が可能です。
ソリッドボディは先ほど申し上げたように棒状で、音もマグネットピックアップで拾うケースが多い為、音色はエレキに近い感じになります。

一方、ホロウボディはコントラバス同様に空洞(共鳴胴)が存在します。
EUBはボディは小さいですが一応生音での発音が可能ですし、ピエゾピックアップにて生音を拡大させる仕組みですので、アコースティックな音色を得る事が出来ます。

コントラバスに近い抱き心地か?

2点目はボディレスト(体当て)が存在するかで大きく変わってきます。
ボディレストとは、コントラバスとEUBを持ち替えた際に生じる違和感を解消する為のパーツです。

EUBはホロウボディでもソリッドボディでも、コントラバスと比較すると大分スリムになっています。
その為、自分の体と左足を使ってボディを支えるコントラバスとは抱き心地が大きく異なりますので、演奏性にも影響を及ぼしてきます。

私が購入したYAMAHAのSLB200というモデルはボディレストは付いているのですが、更に楽器を支えやすく
する為のフレームを別途購入しました。このお陰でコントラバスとの演奏性の差異を埋める事が出来ております。8,000円程度しますので、金銭的に余裕があれば取り付けをお勧めいたします。

YAMAHA ( ヤマハ ) / BEF2

キャラクターをしっかりと把握した上で使用出来れば、EUBはコントラバスの代用以上の面白さがある楽器かと思いますので、是非ご自身に合う楽器を見つけてみて下さい。

まとめ

今回は『EUB購入時のポイントは?プロの方に聞きました!』というテーマでお送りしてきました。

・コントラバスの代用として使用する場合は、ホロウボディの方が近い音色を得る事が出来る。
・演奏性に大きく影響を及ぼす為、ボディレストの有無も良く確認する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました