シャープやフラットの調号は怖くない!ベーシストの簡単キー判定方法

練習・レッスン

今回のテーマは『♯や♭の調号は怖くない!ベーシストの簡単キー判定方法』です。

私も普段使っている方法です。
セッションの場でもあたふたする事無く簡単に出来ますので、試してみて下さい。

調号のパターンが覚えられない…

五線譜を見ると一番最初の部分に#と♭が記載されていますよね。これが調号です。
曲のキーを教えてくれる有難い記号なのですが、パターンが沢山あるので覚えるのが少し大変です。

何も書かれていなければ「C」と判定するのは誰でも簡単に出来るのですが、「♯が3つ」「♭が4つ」と増えていくと…どうでしょうか?

私もかつては即座に調号からキーを判定する事が出来ず、毎回調べていました。
♯が7つ、♭が7つの14パターンを覚えてしまうという方法もありますが、ただの暗記は非常に苦しいです。

しかしセッションにおいては即座にキーを判定する事で、使える音も把握する事が出来るという大きなメリットもあります。うーん、悩ましいです…。

ベースを使えば簡単に判明!

しかし、実は丸暗記しなくても簡単にキーを導き出せる方法がありますので、ご紹介したいと思います。

まずはご自身のベースを見て下さい。
エレキベースでも分かりやすいように、敢えてフレットを使用してご説明します。

調についてはこちらを参照

調 - Wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

#のパターン

♯1つの場合、キーは「G」です。ベースの1弦解放も「G」です。
♯2つの場合、キーは「D」です。ベースの2弦解放も「D」です。
♯3つの場合、キーは「A」です。ベースの3弦解放も「A」です。
♯4つの場合、キーは「E」です。ベースの4弦解放も「E」です。

ここまでで、ある法則に気が付きましたでしょうか?

♯の数が増えるにつれて、ベースの弦も1弦「G」から4弦「E」と下へ移動しています。
なので調号で♯が2つあれば、G弦をスタートにして2つ目の開放弦の音がキーとなります。「D」ですね。
♯が3つの場合も同じように「A」と導き出せると思います。

♭のパターン

♭1つの場合、キーは「F」です。ベースの4弦1フレットも「F」です。
♭2つの場合、キーは「B♭」です。ベースの3弦1フレットも「B♭」です。
♭3つの場合、キーは「E♭」です。ベースの2弦1フレットも「E♭」です。
♭4つの場合、キーは「A♭」です。ベースの1弦1フレットも「A♭」です。

これもある法則に気が付きましたでしょうか?

♭の数が増えるにつれて、押さえる位置も4弦1フレット「F」から3弦1フレット「B♭」と上へ移動しています。
なので調号で♭が2つあれば、4弦1フレットをスタートにして2つ目の3弦1フレットの音がキーとなります。「B♭」ですね。
♭が3つの場合も同じように「E♭」と導き出せると思います。

このようにベースの指板を用いて、簡単に調号が示すキーを判定する事が可能です。

♯と♭が5つ以上の場合はどうする?

先生からは「ジャズでは♯と♭、それぞれ4つまで判定出来れば大丈夫」と言われましたし、実際スタンダード曲であれば大体上記の方法で対応出来るかと思います。

ですが、念の為5つ以上の場合についてもご説明しておきます。
(と言いましても難しくは無いです。)

♯のパターン

♯が4つで4弦の「E」まで下りてきてしまい、それ以上いけませんよね。
その場合は一旦「E」の位置を変えます。
どこでも良いのですが、分かりやすいのは2弦の2フレットの「E」でしょうか。

そこからフレットは変えずに同じように1つ下の3弦に移動してみて下さい。「B」になりませんか?
なので♯5つは「B」です。
♯6つは更に下なので、4弦の2フレットの「F#」となります。

♭のパターン

♭が4つで1弦1フレットの「A♭」まで上がってきてしまい、それ以上いけませんよね。
その場合は一旦「A♭」の位置を変えます。
どこでも良いのですが、分かりやすいのは4弦の4フレットの「A♭」でしょうか。

そこからフレットは変えずに1つ上の3弦に移動してみて下さい。「D♭」になりませんか?
なので♭5つは「D♭」です。
♭6つは更に上なので、2弦の4フレットの「G♭」となります。

まとめ

今回は『♯や♭の調号は怖くない!ベーシストの簡単キー判定方法』というテーマでお送りしてきました。

・調号は暗記をしなくても、ベースの指板から導き出す事が可能。
・ジャズでは♯と♭、それぞれ4つまで即座にキーの判定が出来れば取り敢えず大丈夫。

コメント

タイトルとURLをコピーしました