独学or教室?音楽レッスンは受けた方が良いの?

練習・レッスン

今回のテーマは『独学or教室?音楽レッスンは受けた方が良いの?』です。
音楽教室でレッスン受講をするか、迷っている方は判断材料の一つとしてみて下さい。

レッスンのメリット、デメリット

大体皆さんの「レッスンでのメリットやデメリット」に対する認識は下記のような感じではないでしょうか?

メリット

・基礎からしっかりと学べる。
・練習する習慣がつく。
・細かな疑問点も、すぐに質問出来る。

デメリット

・お金が掛かる。
・時間に縛られる。
・先生との相性が合わない場合がある。

情報が少なく、独学が難しい

「楽器 独学 メリット」とかで検索しても大体似たような事が書いてありますし、私もその通りだと思います。
では何故私がレッスンを受講するという選択に至ったのかですが、理由は「そもそも独学は無理なのでは?」と感じた為です。

もう上記のメリットやデメリットを考える余地すら無い感じですよね(笑)
とにかく独学を実践する為に必要と思われる情報が無い。

書店でコントラバスに関する参考書を探しに行っても、殆ど置いて無いです(;´・ω・)
書籍コーナーが充実している楽器店でも棚の端っこに2~3冊置いてある程度で、「自分に合った教則本を選ぼう!」という選択肢すら無いのが現状だったりします。

YouTube等を始めとしたネット媒体も過去と比較すれば情報も充実してきましたが、まだまだ少ないなという印象を受けます。

厳密に言うと独学でも楽器の習得は可能だと思います。
現にギターやエレキベース、ドラムをプロレベルで演奏している方々は沢山いらっしゃいますし、実際プロの方でもレッスンを受けた経験が無い方もいます。

しかしその背景には「圧倒的な情報量の差」が存在しており、ギターとコントラバスを比較すれば楽器を弾かない方でも、ギターの方が関連本やレッスン講師が多いだろうとの想像をされますよね?
むしろ「コントラバスって何ぞや?」って感じですよ。きっと(;^ω^)

上達への近道を求めて

そのような状況下で独学という選択はありませんでしたし、独学によって奏法に変な癖が付き、上達への遠回りになる事は防ぎたかったです。

また「せっかく挑戦するのなら、一生もののスキルを身に着けてみたい」という私の個人的な思いもありましたので、レッスンを受講するという決断に至りました。

私がブログで書き綴っている内容も、レッスンで得た知識や経験に基づいたものですので、個人的には大きなメリットを享受出来たかなと思っています。正に財産です。

レッスン受講は効率良く上達を手助けしてくれるので、時間的、金銭的に余裕があるのでしたら、良い選択だと思います。

まとめ

今回は『独学or教室?音楽レッスンは受けた方が良いの?』というテーマでお送りしてきました。

・楽器により情報の入手難易度が大きく異なるので、その点も補える事が出来る教室や先生を選ぶ。
・クラシック系の弦楽器を始める場合は、基礎レッスンだけでも受講をするのがオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました